今年は月に一本は新作を書くと言いながら全くやってなかったのでギリギリですが書きます。

まぁ今まで書いてきたことの繰り返しになるけど、本当に分かってないですよね。

トランプ米大統領が産まれた理由は世の中が不寛容社会を求めたからではなく、過寛容社会への反発です。

一見この二つは同じ事を言っているように思うかもしれません。

でも、多くの人がこの違いが分からないからこそトランプ米大統領は誕生したんです。

この前テレビである人が「トランプ米大統領は民主主義を間違えている。51対49で勝ったからと言って49を無視して好き勝手にやっていいわけではない、51は出来るだけ49の意見を取り入れる必要がある。」と言っていました。

惜しい!!

っていうか、そこまで分かっててなぜ一番重要なことに気付かないんでしょうか?

まさにそれこそが今まで行われていたことなんです。

行き過ぎたグローバル化、行き過ぎた自由主義、行き過ぎた移民政策、行き過ぎた平等主義…。

51の過寛容社会が調子に乗って49を無視した結果が今なんです。

だから、別に49の方は不寛容社会を求めているわけではないんです。

過寛容社会をちょっと引き締めて欲しいだけなんです。

と言うか、それをやってくれればトランプなんて選びません。

まぁただ、今回は相手がヒラリーだったんで微妙だったかもしれないけど…。

そんな感じで短めですが、相変わらず分かってない人たちに怒ってみました。


下のバナーをポチっと応援よろしくお願いします
      

壊れた地球儀の直し方 [ 青山繁晴 ]
価格:993円(税込、送料無料)